トップ > 機能紹介 > シングルサインオン(SSO)

シングルサインオン(SSO)

IDとパスワードの管理を個人任せにせずセキュリティを向上。

クラウドと社内システムのハイブリッドSSO

「システムごとにID・パスワードがバラバラで不便」、「社内システムを外出先から利用したいがセキュリティが不安」など、利便性とセキュリティはトレードオフの関係にあります。Digital Workforceではクラウド・社内システムを問わないハイブリッドSSOの構築が可能です。認証を統合することでセキュリティレベルを統一し、セキュアなアクセスと利便性の向上を実現します。

クラウドと社内システムのハイブリッドSSO

豊富なセキュリティオプション

豊富なセキュリティオプション

Digital Workforceの豊富なセキュリティオプションでセキュリティをより強固にすることが可能です。また、アクセス制限やログの収集/分析により情報漏洩を防止します。
■オプション例
ワンタイムパスワード・Windows統合認証・Cookie認証・SSL相互認証・生体認証・IMAP Proxy

ポータルとの組み合わせで業務効率化

Digital Workforceのシングルサインオン(SSO)機能とポータルを連携させることで、利便性が更に向上します。一度のログインでクラウドや社内システムに散在しているシステムの情報を集約し、一覧することが可能です。

ポータルとの組み合わせで業務効率化

ご利用イメージ

クラウドサービスに対してはSAML認証、社内システムに対しては代行ログインを行うことで、クラウド・社内システムを問わないシングルサインオンを実現します。
ユーザーは複数のID/パスワードを管理することがなく、一度のログインで様々なシステムへアクセスすることができるため利便性とセキュリティ強化の両立が可能です。

ご利用イメージ

機能詳細

  • SAML認証

    業界標準プロトコルであるSAMLを利用したユーザー認証が可能です。数多くのクラウドサービスがSAML認証に対応しており、シングルサインオンの実現が可能です。

  • 代行ログイン

    SAML認証に対応していない社内システムに対しては、リバースプロキシ型のシングルサインオンが可能です。既存のシステムに手を加える必要がなく、OSやシステムに依存しません。

  • 多要素認証

    システムへの認証はID/パスワードを用いる例が多くありますが、脆弱なパスワード設定やパスワードの使い回しによる不正アクセスの危険性があります。ワンタイムパスワードや生体認証を用いることでよりセキュリティを強固にすることが可能です。

  • 利用継続率 96.9%
  • 累計ユーザー数 25万人

クラウドと社内システムをシームレスにつなぐ
Digital Workforceの特長をご紹介します。

サービス資料

リモートワークのプラットフォームとして従業員やIT部門の皆様の生産性・セキュリティ性を向上する機能を取り揃えたDigital Workforceのサービス資料です。

Digital Workforceの
サービス資料

Digital Workforceは「生産性とセキュリティを両立する」をコンセプトに、リモートワークの利便性・生産性・セキュリティの向上に欠かせない5つの機能を兼ね備えた、他社にはないパッケージでリモートワークの生産性・セキュリティを総合的バックアップします。

Digital Workforceのサービス資料

導入事例

ユーザの96.9%が利用を継続、累計ユーザ数は
25万人を突破しました

詳細ページへ

各種お問い合わせ