トップ > 機能紹介 > ポータル

ポータル

ポータルは、バラバラだった社内システムやクラウドの情報を集約、
ログイン情報を一元管理することで労務管理やセキュリティ管理をしやすくします。

ガジェットを個々にカスタマイズ

ガジェットを組織・個人ごとにカスタマイズが可能です。営業部門には「売上情報やSFAの情報」、システム部門には「システム稼働状況やアラート一覧」などユーザーの業務に合った情報を一覧で表示することで業務の効率化が可能です。

Digital Workforceポータル画面

データの形式やシステムを問わず様々なデータを見える化

必要な情報が各システムにバラバラに保存されていると、データを集めるだけでも一苦労です。DIgital Workforceではシステムやデータ形式を問わずに表示が可能なため、様々なデータを俯瞰して見ることが可能です。

データの形式やシステムを問わず様々なデータを見える化

企業情報・担当者情報の管理

企業が持つ様々なデータをGoogle Mapと連携し地図上にプロットすることで新たな気づきを得ることが可能となります。店舗やお客様先の住所、人口統計など文字データでは分かりづらかった情報が、地図と組み合わせることでデータ活用の幅が広がります。

企業情報・担当者情報の管理

マルチデバイス対応

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からのアクセスも可能です。

マルチデバイス対応

Microsoft 365をより便利に

Microsoft365の各機能をガジェットとして表示することが可能です。メールを見ながらカレンダーを確認したり、SharePointからファイルを探すなどより便利にMicrosoft365を活用できます。

Microsoft 365をより便利に

システム稼働グラフや利用状況、アラートを一覧で表示

システム部門が管理するシステムは多岐に渡ります。それぞれのシステムの稼働グラフやアラートを一覧表示することで、システム部門の確認工数が大幅に削減されます。また、AWSやAzureなどの利用状況や課金状況を表示することで思わぬ使いすぎを低減します。

システム稼働グラフや利用状況、アラートを一覧で表示

その他の機能

  • パーソナライズ

    必要な情報は個人・組織ごとに異なります。個別カスタマイズでユーザーが必要な情報をダイレクトに届けることが可能です。

  • API連携

    APIで様々な情報を取得し、ポータル上に掲載することが可能です。取得したデータをポータル上で組み合わせることで、データに価値を持たせ新たな気づきを提供します。

  • 多言語対応

    標準で多言語対応が備わっており、様々な国や地域の方に対してもすぐにコンテンツの提供が可能です。

  • 利用継続率 96.9%
  • 累計ユーザー数 25万人

クラウドと社内システムをシームレスにつなぐ
Digital Workforceの特長をご紹介します。

サービス資料

リモートワークのプラットフォームとして従業員やIT部門の皆様の生産性・セキュリティ性を向上する機能を取り揃えたDigital Workforceのサービス資料です。

Digital Workforceの
サービス資料

Digital Workforceは「生産性とセキュリティを両立する」をコンセプトに、リモートワークの利便性・生産性・セキュリティの向上に欠かせない5つの機能を兼ね備えた、他社にはないパッケージでリモートワークの生産性・セキュリティを総合的バックアップします。

Digital Workforceのサービス資料

導入事例

ユーザの96.9%が利用を継続、累計ユーザ数は
25万人を突破しました

詳細ページへ

各種お問い合わせ