トップ > 機能紹介 > ID管理

ID管理

ID管理は、人事異動に伴うIT部門の大量のID管理の工数を大幅に削減し、
退職時のIDの削除もれなどのリスクも軽減します。

IDプロビジョニングによる「取り込み」「ID配信」

Digital Workforceは、クラウドや社内システムを問わずにIDを管理できます。システムごとに個別管理していたIDを一元管理することで管理業務の品質と効率を向上させることができます。また、人事システムからの取り込みや各システムへの配信を自動で行うため管理工数の手間を削減し、削除漏れによるセキュリティリスクを低減します。

IDプロビジョニングによる「取り込み」「ID配信」

REST APIによる柔軟なシステム連携

REST APIによる柔軟なシステム連携

infoScoop ID Managerは、すべての処理をREST APIインターフェースから呼び出すことができるため、連携の手段をシステムごとに対応することなくサーバレスで実装できます。また、ID発行の申請を既存のワークフローから連携して、そのままID発行とプロビジョニングにつなげることも可能です。ID管理のための画面もカスタマイズできるため、画面上から他のシステムに参照するなど柔軟にカスタマイズできます。

柔軟なID管理を実現

氏名やメールアドレスといった基本的なID情報に限らず、様々な属性の登録が可能です。システム利用権限や貸与しているPCや社員証の管理番号なども登録できるため、人にひもづくすべての情報を一元管理することが可能です。

柔軟なID管理を実現

ご利用イメージ

人事システムなどから取り込んだID情報から、様々なシステムに対してIDの発行・変更・停止を自動的に行います。システム部門担当者は、Digital Workforceが提供するID管理画面から全てのシステムのメンテナンスができるため大幅な工数削減が可能です。

ご利用イメージ

機能詳細

  • IDプロビジョニング

    クラウドサービスや社内システム、Active Directoryに対してIDの発行・変更・停止が可能です。自動で各システムのID情報を同期することで、入退社・人事異動の対応工数の削減や、アカウント削除漏れによる不正アクセスの危険性を低下します。

  • 柔軟な属性登録

    氏名やメールアドレス、社員番号などの一般的な人事情報だけではなく、貸与しているPCや社員証の管理番号など様々な情報を登録することが可能です。柔軟な属性情報の登録により、「正社員と協力会社で保持する属性が違う」「複数の所属先を登録したい」などの課題にも対応可能です。

  • IDメンテナンスログ

    IDを一元管理することにより、「誰が、いつ、どのように」IDのメンテナンスを行ったかが一目でわかります。Digital Workforceを通してメンテナンスを行うことで、監査ログを残しIT内部統制を向上させます。

  • 利用継続率 96.9%
  • 累計ユーザー数 25万人

クラウドと社内システムをシームレスにつなぐ
Digital Workforceの特長をご紹介します。

資料一括ダウンロード

はじめてのID管理 お役立ち資料

ID管理に課題をお持ちの方向けのお役立ち資料です。ID管理の概要がわかるホワイトペーパー、Digital Workforceサービス紹介資料をまとめてダウンロードできます。

導入事例

ユーザの96.9%が利用を継続、累計ユーザ数は
25万人を突破しました

詳細ページへ

各種お問い合わせ