トップ > 機能紹介 > セキュアブラウザ

セキュアブラウザ

セキュアブラウザは、クラウドサービスや社内システムなど、マルチデバイスでいつでもどこでも必要な情報に安全で簡単にアクセスできます。

セキュアブラウザとは?

セキュアブラウザとは、「一般のWebブラウザよりもセキュリティが強化されたWebブラウザ」のことです。Webサイトへのアクセス制限や、ファイルのアップロード・ダウンロード制限ができ、不正アクセスや情報漏えい対策が可能です。テレワークなど、社外からのアクセスをより安全にするための機能が備わっています。

万全なセキュリティ

「データを端末に残さない」、「接続先情報を非公開にする」、「添付ファイルを閲覧後に削除する」などのセキュリティ機能を備えています。
また、生体認証やワンタイムパスワードと組み合わせた2要素認証にも対応し、より強固なセキュリティ対策を行うことが可能です。
さらに、ポップアップウィンドウにも対応しており、自社開発のWebシステムや、仮想デスクトップにも対応しております。

万全なセキュリティ

マルチデバイス・マルチOS対応

マルチデバイス・マルチOS対応

PC、スマートフォン、タブレットなど様々なデバイスに対応しており、BYOD端末でも使用可能です。
また、以下のOSに対応しております。

  • ・Windows
  • ・Chrome OS
  • ・iOS
  • ・iPad OS
  • ・Andoroid

高い接続性

デバイス認証に加え、内部ではセッション単位にワンタイムパスワードによる強固な認証を提供しています。
Forward ProxyによりURL変換なく、他社製品と比較してパフォーマンスが向上しております。

高い接続性

ご利用イメージ

ユーザーそれぞれの端末にセキュアブラウザをインストールし、業務システムにアクセスします。指定された端末のみアクセスが可能で端末にデータを残さないためリモートワークのセキュリティを強化できます。

ご利用イメージ
  • 利用継続率 96.9%
  • 累計ユーザー数 25万人

クラウドと社内システムをシームレスにつなぐ
Digital Workforceの特長をご紹介します。

サービス資料

リモートワークのプラットフォームとして従業員やIT部門の皆様の生産性・セキュリティ性を向上する機能を取り揃えたDigital Workforceのサービス資料です。

Digital Workforceの
サービス資料

Digital Workforceは「生産性とセキュリティを両立する」をコンセプトに、リモートワークの利便性・生産性・セキュリティの向上に欠かせない5つの機能を兼ね備えた、他社にはないパッケージでリモートワークの生産性・セキュリティを総合的バックアップします。

Digital Workforceのサービス資料

導入事例

ユーザの96.9%が利用を継続、累計ユーザ数は
25万人を突破しました

詳細ページへ

各種お問い合わせ