トップ > 活用シーン > リモートワーク体制の構築にかかるコストを見直したい

リモートワーク体制の構築にかかるコストを
見直したい

リモートワーク体制でのVPN回線の増設などの体制の構築にかかるコストの
負担削減、最適化などの課題を解決するソリューションを紹介します。

よくある課題

よくある課題

  • リモートワークを行う従業員が増加し、ITコストが増え続けている。
  • VPN回線の増設などにかかるITコストの負担を見直し、最適化したい。

解決策

シングルサインオン(SSO)機能でVPN回線の削減が可能

Digital Workforceのシングルサインオン(SSO)機能とポータル機能を使って、クラウドや社内システムを連携する仕組みを構築することで、VPN回線の削減が可能です。Digital Workforceでは利便性とセキュリティを両立しつつコスト削減が可能です。

シングルサインオン(SSO)機能でVPN回線の削減

Digital WorkforceでITコストの削減が可能

Digital Workforceのご契約は、利用者数に応じたプランを設定しています(1社2万名以上の導入実績があります)。前述のようにリモートワーク体制を個別に構築するより、Digital Workforceを活用したほうがコストを低減できる可能が高くなります。営業担当が各企業様のシステムの状況や利用者数をお伺いしたうえで、試算してご提案できますので、ITコスト削減の課題もぜひご相談ください。

Digital WorkforceでITコストの削減
  • 利用継続率 96.9%
  • 累計ユーザー数 25万人

クラウドと社内システムをシームレスにつなぐ
Digital Workforceの特長をご紹介します。

サービス資料

リモートワークのプラットフォームとして従業員やIT部門の皆様の生産性・セキュリティ性を向上する機能を取り揃えたDigital Workforceのサービス資料です。

Digital Workforceの
サービス資料

Digital Workforceは「生産性とセキュリティを両立する」をコンセプトに、リモートワークの利便性・生産性・セキュリティの向上に欠かせない5つの機能を兼ね備えた、他社にはないパッケージでリモートワークの生産性・セキュリティを総合的バックアップします。

Digital Workforceのサービス資料

導入事例

ユーザの96.9%が利用を継続、累計ユーザ数は
25万人を突破しました

詳細ページへ

各種お問い合わせ